2011年2月15日 (火)

狂乱エクスタシー~セックスを超えた禁断の絶頂体感テクニック!!~ プレストエージェンシー 株式会社

狂乱エクスタシー~セックスを超えた禁断の絶頂体感テクニック!!~

狂乱エクスタシー~セックスを超えた禁断の絶頂体感テクニック!!~




下記より購入し簡単なレビューを送るだけで最大3000円還元されます!

狂乱エクスタシー~セックスを超えた禁断の絶頂体感テクニック!!~




「男性の快楽」と「女性の快楽」に違いが有るのはご存知でしょうか?

女性の快感=オーガズムについては、こんな表現で語られることもあります。

「登りつめていって、ふわっと浮く感じ」
「神経が一点に集中してから、パッと解き放たれて脱力する感じ」
「頭の中が真っ白になって、どこかに行ってしまう感じ」

狂乱エクスタシー~セックスを超えた禁断の絶頂体感テクニック!!~

と言う様に、どの言葉も、緊張がピークにまで達して、
そこから解き放たれる時の様な強烈な感覚を言い表している様です。

実際に「女性的オーガズム」が、
「通常の射精」と比べてどれだけの快感度の違いがあるのかを、
下の図で表していますので比較してみて下さい。


オーガズムの心地よさは、激しく強い快感だけでなく、
それに続いての全身の緊張が解けてゆく時の、幸福感、充実感、くつろぎ感にもあるといえます。

通常の射精がもたらす快楽は
狂乱エクスタシーがもたらす圧倒的なまでの快感の前では比較になりません。

オナニーやセ○クスによる精液を伴うウェットオーガズムも悪くは無いでしょう。

しかし、狂乱エクスタシーでのオーガズムを体験していない様では、言葉に説得力が御座いません。

男性型オーガズムの性的快感は射精時にピークを迎え、放物線を描いて減少します。

男という生き物は射精の後にすぐ冷めてしまう様になっているのです。
上記の図を見て貰えれば分かる様に、射精後は急速にテンションが下がる仕組みになっています。

SEXに自信のないあなた、初体験のあなたが、勃起力を維持してスムーズに挿入する方法、童貞卒業、脱素人童貞のための、挿入・合体マニュアル

それに比べ狂乱エクスタシーを使用したオーガズムには制限は御座いません。

狂乱エクスタシーを使う事で貴方は

何度でも女性の様に快楽の頂点を極めつづけることが出来るのです。

でも・・・殆どの男性がまだこの方法を知らないのです・・・

それは何故でしょうか?

その理由は多くの男性が男性の絶頂は射精時にしか起こらないという誤認があるからなのです。

快楽を得るには勃起が必要不可欠である

男性器以外への刺激はほんの僅かな快楽としかならない

絶頂を得るには射精をしなければいけない
これらの様な事は大きな間違いなのです。

狂乱エクスタシーは射精や射精のコントロールを伴わずに、
オーガズムを得ることが出来るのが特徴なのです。

そもそもオーガズムは、射精発射作用とはまったく関係なしに起こります。

※但し、オーガズムと共に射精をする事を意識的に選んだりする事も可能です。
その場合はもっと強烈で、もっと満足出来るオーガズムになったと報告を受けています。

「狂乱エクスタシー」は、エネルギーが続く限り、自分の意思で何時間でも楽しむ事ができます。
射精の快楽の後には、良く眠気を感じたり、虚しさを感じたりと言われますが、
狂乱エクスタシーを使用した快楽にはその様な事は御座いません。

しかも・・・!

快楽の後でさえ最終的には、射精を伴うオーガズムをして、
上記に述べた新しいレベルでの満足感を得る事もできます。

射精を伴わないオーガズムは、「待ち時間」(=次の射精時間)がないので、
実質的に「狂乱エクスタシー」を使用している最中に休憩をしようとしても、
性的に反応しやすい状態は続き、続きをしようとするだけでオーガズムを連続して得ることができます。

しかも多くの場合、あえて必要以上刺激をする必要は御座いません。

それでは、どうすれば「ドライオーガズム」を体感する事が出来るのかお伝えして行きます。

まずは男性のもう1つの性感帯である、
「前立腺」(ぜんりつせん)の存在を知って貰う必要があります。

前立腺の場所は、男性のアヌスから2~3センチ中に入った所の、
お腹側(男性器のある方向)にクルミ程の大きさの臓器があります

それが「男性の第2の性感帯」と呼ばれる「前立腺」になります。
それでは、「狂乱エクスタシー」の絶頂感とはどのくらい凄まじいものなのか?

「前立腺」に刺激を与える事で、快感の上昇が起こり、
その絶頂のピーク時にドライオーガズムを得る事になります。

無料ブログはココログ